普通の郵便に比べて圧倒的に開封率が高い圧着ハガキで宣伝しましょう

サイトマップ

ポストに投函

圧着ハガキならパスワードの通知にも利用できる

料金後納郵便はがき

会員向けサイトへのログインパスワードやクーポンコードなど、会員しか伝えたくない情報を通知するのに圧着ハガキはおすすめです。圧着ハガキなら封筒での発送に比べ、郵送料金を節約することができ、一度剥離すると元に戻すことができないことから情報保護効果も高くなります。特にパスワードやクーポンコードなどは会員しか見られたくないものです。
圧着ハガキの作成は専門業者に依頼することができ、送付先にリストがあれば圧着ハガキに印刷から宛名入れ、区分分けや投函まで代行してくれます。クーポンコードの送付なら広告宣伝と合わせることで、広告郵便とすることもでき、通常の郵送料金よりもコストダウンを図ることができます。また、パスワードの通知なら開封されてしまった際には、会員からの連絡を受ける体制を整えれば、不正アクセスを防止することもできます。圧着ハガキのメリットは一度でも剥離されることで痕跡が残るということであり、本来の受取人も開封されていないかを把握でき、安心できるということがあります。圧着ハガキを利用して情報保護を強化してみてはいかがでしょうか。また、リスト化された情報があれば、パスワードの固有情報なども全て外部委託ができ、社内での印刷業務も解消できます。

注目させることや読ませることを誘導できる圧着ハガキ

封筒での郵送物なら中身の重要性を確認するため開封されるものの、ハガキでのダイレクトメールは読まれずに廃棄されてしまうこともあります。そこで、注目させることや読ませることを誘導するのであれば圧着ハガキを導入し、作成は専門業者に依頼してしまいましょう。
圧着ハガキのメリットは、ダイレクトメールとして送付した際に高い開封率となることです。注目させることで内容を確認するまでの不安感を煽るだけでなく、不安感がなくてもつい剥がしたくなる、お得な情報やクーポンがないかといった消費者心理もくすぐります。圧着ハガキの裏表に重要な情報を記載せず、剥離した内面に印刷しておけば、中身は短時間であっても受取人の目に付きます。また、圧着ハガキなら中身が見えないことで、剥離した際のインパクトを与えられるといった手法も取り入れることができます。目立ちにくく派手さもない情報であっても、圧着ハガキで剥離した際に目と引くものなら印象に残ります。また、豊富な情報を読ませることで購入したい、契約したいといった消費者心理もくすぐることもできます。まずは、広告宣伝で効果がイマイチ、インターネットを利用した広告宣伝も効果が得られていないというのであれば、圧着ハガキを導入してみてはいかがでしょうか。

往復はがきとしても使える圧着ハガキ

アンケートやキャンペーンなど返信が必要な郵便物を送付する際には、往復ハガキや封書を使う形が一般的です。ただ、誰でも見ることができる往復ハガキの場合は、情報が筒抜けになってしまうだけでなく、返信をして貰うことができなければ、返信ハガキ分の料金が無駄になってしまいます。そんな悩みを解消したいという場合は、圧着ハガキの活用を考えておくことがおすすめです。

ハガキと比べると印刷面が広いだけでなく、送料も安く済むことで人気の圧着ハガキは、返信用ハガキを組み込むことも可能です。返信用ハガキ部分を料金受取人払にしておくと、返信があったハガキ分のみの料金を支払うだけで済むことになります。切手を貼る必要がある返信ハガキとは違い、返信をする人が切手代の負担をしなくて良い料金受取人払のハガキは、返信率が増えやすいというメリットもあります。さらに、封書にするよりも送料が安く済むため、返信を求める場合は圧着ハガキの活用を考えておいて損がありません。

そんな圧着ハガキ作成は専門業者に依頼をすることがおすすめです。専門業者に依頼をすれば、郵便規定をしっかりと守りながらも、多くの情報を詰め込んだ圧着ハガキを作成して貰うことができます。

着圧はがきの開封口

お得に宣伝をしたいのであれば圧着ハガキの活用を

お得意様にキャンペーンやセールの案内をしたい時に、活用をしておいて損がないのが圧着ハガキです。事業の宣伝は、メールなどを送付するだけで充分なのではないかと考える人もいるでしょう。しかし、どれだけ多くのメールを送付しても、中を見て貰えないのでは意味がありません。それに対し、郵便物の中でも簡単に手で開けることができる圧着ハガキというのは、中まで確認して貰える可能性が高くなります。そのため、送料がかかることになっても、大切なお知らせは圧着ハガキを使って送付することがおすすめで…

Copyright © 2020 普通の郵便に比べて圧倒的に開封率が高い圧着ハガキで宣伝しましょう All Rights Reserved.